コラム

「これって顎関節症かも?」そんなお悩みも歯科口腔外科にお任せ!

当院の歯科口腔外科では、顎関節症でお困りの患者さまへのアドバイスや改善のための取り組みにも注力しています。

顎関節症は、比較的女性に多く見られる症例です。
10代や20代など若い世代でも発症することがあるため、注意が必要です。

顎関節症自体が大きな病気になるリスクは低いですが、悪化すると肩こりや頭痛などの不定愁訴を招くほか、食事が摂りづらい、会話がしづらいなど、さまざまな不自由が生じることがあります。

一見、顎の不調であるため「顎関節症かもしれないけど、何科を受診したらいいか分からない」という患者さまも多くいらっしゃいますが、実は顎関節症は歯科治療の領域です。

顎関節症のお悩みは、ぜひ歯科口腔外科へご相談ください。

 

こんな症状があったら顎関節症のサイン!早めにご相談ください

顎関節症は虫歯のように歯が黒くなったり、歯周病のように出血したりという、目に見える症状がありません。
そのため、どんな症状が顎関節症にあたるのかを知っていないと、患者さま自身で気づきにくい疾患でもあります。

例えば、以下のような症状があった場合は、一度歯科口腔外科へご相談ください。

・顎の関節やその周辺の筋肉が痛い
・お口を開けるとカクカクする、ゴリゴリと音が鳴る
・お口を大きく開けられない、開けると痛みがある
・顎が疲れやすくなったと感じる

これらは全て、顎関節症の主な症状です。
虫歯や歯周病のように歯を失うといったリスクはありませんが、放置してしまうと日常生活で不便な思いをするかもしれません。

気になる症状があったら、早い段階で改善に取り組むようにしましょう。

 

顎関節症になってしまう原因とは?

顎関節症は、いろいろな要素が重なり合って発症するケースが多いです。

例えばストレスが多く、歯を噛みしめたり食いしばったりするクセがある方は、日常的に顎の関節や筋肉に負担をかけてしまっています。

また、頬杖やうつぶせ寝、片方で噛むクセなど、お口周りに影響が生じる習癖も顎関節症のリスクを高めてしまいます。

さらに、スマートフォンやパソコンの長時間使用、デスクワークによる姿勢の乱れも要因とされていますので、注意が必要です。

顎関節症は、診査診断で「これが原因です」と特定することが困難です。

まずは噛み合わせや普段の生活、習癖などを患者さまと一緒に確認して、一つひとつの原因に改善のアプローチを行ってまいります。

 

歯科口腔外科が提供する顎関節症の治療方法

当院では、患者さまの状態に合わせた治療方法を提案します。

歯ぎしりや食いしばりによって顎に負担をかけてしまっているケースでは、マウスピースを用いた治療を行います。

また、噛み合わせの乱れが要因となっている場合に歯、顎にかかる負担をコントロールするために、矯正治療やかぶせ物治療を提案します。
歯の高さバランスがズレている場合は、薄く削って調整することも可能です。

そのほかにも、筋肉の緊張を和らげるためのストレッチやマッサージ指導を行ったり、うつぶせ寝や頬杖などの習癖改善のアドバイスをしたり、さまざまな視点からサポートいたします。

顎の違和感は放っておかず、ぜひ一緒に改善を頑張っていきましょう。

 

医院情報

「親子三世代で通える歯科医院」

お子さまからご年配の方まで、家族みんなが安心して通える歯科医院を目指し、
幅広い治療、予防の取り組みにも注力してまいります。

福岡県飯塚市の歯科医院をお探しの方は、ぜひ『しろうず歯科クリニック』へどうぞ。


◆クリニック名
しろうず歯科クリニック

◆所在地
〒820-0089
福岡県飯塚市小正124−6

電話番号 0948-25-6117
Web予約はこちらから♪

前へ 一覧ページに戻る
top
リクルート
0948256117 WEB予約 リクルート page top